読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

about Movie

好きな映画についてのブログ

64 -ロクヨン- 前編/後編

前編


邦画の為に劇場まで行く事はあまりしません。ハズレが多すぎるので。

 

しかし、TOHOシネマズの1か月フリーパスを使って観に行きました。

 

期待値0、予告も劇場でのやつしか観ておらず、楽しむ気が一切ありませんでしたが、思ったより楽しめました。

 

ストーリーは、思ったより良かった!って、だけなので、気にくわなかった事の方が多いです。

 

まず、記者クラブと広報の言い争い。

 

実際もこんな感じなんですかね?

ただの子供のケンカじゃないですか。言った言わないのレベルのケンカ。あと、怒鳴れば良いってもんじゃないですよ。アホの集まりかと思いました。

 

次にメイク。
昭和64年から時効直前の時間の経過をメイクで、表現しようとしてます。いわゆる、老けメイクですかね。
圧倒的に下手。海外のB級映画の血だらけなメイクとかの方がまだ馴染めるレベルで下手。頬をこけたようにしたり、付けヒゲ付けたり、白髪にしてみたり、色々努力してるとは思いますが、どこの素人がやったの?いや、どこの初心者?

 


後は、別に不満じゃ無いですけど、ちはやふるの前後編のやり方を観てしまっているので、前編→問題編、後編→解決編ってのに飽きました。

一応、フリーパスの期間は切れてしまいますが、せっかくなので後編もしっかりと見届けようと思います。

 

さっそく追加で思い出しました。

後半にある事件の被害者について語られるシーンがあります。記者クラブに訴えかけるために語るのですが、響いてるようですが、こっちとしては↑の件で冷めちゃってる部分もあるので、は?それで?何?としかならなかったです?

全ては記者クラブの馬鹿さ加減のせいです。

 

後編

いやー、前編よりひどかったな。

 

やっぱり、原因は記者クラブだな。

 

流石にヘリウム無くなった時の準備はしようよ。

 

娘からの電話の演出も微妙。

 

ストーリーが、前編で破綻してる気がしてたのに、より破綻しちゃったパターン。

 

64-movie.jp